おっぱい掲載のために数年実践したこと

中学のときに読んでいた身なり小説にミルク上昇の運動が記載されていました。

ボクは痩せ型の姿勢で、メリハリのある体にかなり憧れていたので、騙されたとして試してみました。

ボクが実践したのは、ひとまず一つ目は四つん這いになって、両手をハの単語として、呼吸を吐きながらゆっくりと拳固を曲げるという運動だ。

次は同じくらいの重さの物(辞書を活用)を両手にあなた保ち、ダンベルのように方法を伸ばしたとおり、前から後方に水平に切り回すことです。

三つ目はストレッチでよくある、両拳固を位にぐるぐる回すことです。
こういう三つを中学、ハイスクール時代にそれほどデイリー実践していました。

ボクは前屈みで痩せ型なので、自他共に頭がないと思っていましたが、高3のときにインナー屋さんでミルクのボリュームを測ってもらった際に、想像以上のボリュームでビックリしました。
奥様もそんなにあると思っていなかったようでビックリしていました。

それから10時世以来たち、定期的にインナー屋さんでミルクのボリュームを測ってもらっていますが、定員さんにミルクの流れを一心に褒められます。

学生時代の活動の結果でこうなったのだと思うと、あのシチュエーションだましだまし継続して実践して良かったなと誠にありがたく感じます。出典